【社労士】雇用形態の種類何がある?

人事労務情報

岐阜県の社会保険労務士事務所の飛騨屋社労士事務所です。

雇用形態とは何か、どういったものがあるのか、まとめましたのでご覧ください。

[rtoc_mokuji title=”” title_display=”” heading=”” list_h2_type=”” list_h3_type=”” display=”” frame_design=”” animation=””]

雇用形態とは?

雇用形態とは、会社と従業員で結ぶ雇用契約の「種類」です。正社員、契約社員、パート、アルバイト様々な呼称がありますが、大きく分けると「正規社員」「非正規社員」の二つに分けられます。

正規社員

正規社員とは以下の条件を満たした労働者を正規社員と呼びます

  • 期間の定めの無い契約
  • フルタイム勤務
  • 直接雇用

非正規社員

非正規社員は正規社員以外のすべての労働者となります。

非正規社員には、臨時社員・契約社員・嘱託社員・パート・アルバイト・派遣社員等があります。

直接雇用と間接雇用

直接雇用は勤務している企業と直接雇用契約を結び、仕事をし、その対価として給与を貰う働き方です。

間接雇用は勤務する企業と、給与を貰う企業が別の場合で、派遣社員が該当します。

雇用形態の種類

非正規は雇用保険・社会保険に加入させなければいけないのか

正規・非正規ともに、要件を満たせば雇用保険、社会保険共に加入して頂かなければなりません。

「パートだから雇用保険加入しないからね」といった事は避けましょう。

まとめ

企業ごとで様々な呼び方をしていますが、労働関係の考え方で見るとどうでしょうか。

雇用保険、社会保険に加入させなければいけなかった、自社の労働条件では加入しなければいけないのか、気になる場合は飛騨屋社労士事務所にご一報ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました